2016年02月11日

びわ湖公演

雪の米沢から、青空広がる琵琶湖へ到着いたしました。

びわ湖1.jpg

移動中に舞台監督さんが調べたところ、
この公演の移動距離は約4000kmだそうです。
沖縄から北海道に行ってまた沖縄に戻るぐらいとか。
でも、今回のびわ湖まではまだ2000kmもいっていないそう。
狭いようで日本は広いですね。
いろいろな土地へ行く事ができて、
この作品をお届することができて、本当に幸せです。

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールのロビーからは
琵琶湖が一望できます。

びわ湖2.jpg

もっともっと広くて美しいのに、
携帯写真では伝わらなくて、とっても残念!
約800席の劇場は、椅子を含めとても観やすく、
舞台面や楽屋も含め、とてもいい劇場です。

びわ湖3(トリミング).jpg

2階席から撮った舞台ですが、
実際はもっと近く感じます。
これは、場当り前の風景。
この後キャストさん達が舞台に上がり、
この劇場での変更点を確認していきました。
セットは基本同じなのですが、
劇場の作りによって、登退場の位置が変更になったり、
出入り場所が狭くなったりすることがあり、
劇場毎にその確認をするのです。
確認作業は30分程度。そして支度を整え本番!
終演後、キャストさんは30分程度で荷物をまとめ、次の公演地へ移動。
スタッフさんは舞台装置をバラし、道具を大型トラックに積み込み、移動。
毎日、めまぐるしいのです。

ここは二兎社でよく訪れる劇場です。
なのでお客様も常連さんが多く、
「待ってました!」感がとてもあり、温かかったです。
そしてここでも完売!
ありがとうございます!
とても居心地のいい劇場なので、1回公演と言わず何回か公演したいなあ、
とつぶやいてみました。

さあ!次は兵庫公演です!
お好み焼きで元気をチャージし、2回公演を楽しみます!!

制作助手Fでした。
posted by 二兎社 at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年02月09日

米沢公演

能登が終わり、キャストは一旦東京へ戻りまして、米沢に入りました。

人生最高体重を記録した、制作助手Fです。

もう! どこの土地にも美味しいものがあり過ぎる!!



昨日の東京は暖かく、事務所の近くの梅の木は

きれいな白い花をつけていました。

思わずパシャリ。

梅.jpg

そして、本日米沢へ出発!

車窓からの眺めがどんどん雪景色になり、

米沢の手前では横殴りの雪に!

ドキドキしましたが、米沢の街はほとんど積雪がなく、ほっ。

やはりツイています!

スタッフは、能登から帰京せずに米沢入り。

疲れの為か、楽屋口にこんなお遊びが。

米沢(雪).jpg

「遊ぶな!」とは言いませんよ。

楽しみながら、公演を続けましょ。


米沢公演も満員御礼!

500席のとても観やすい客席で、

本日も満足していただけたと信じています。

終演後のお客様のお顔が豊かでしたもん!

米沢(客席).jpg


さあ、明日は東北新幹線から東海道新幹線へ乗り換え京都へ、

そして在来線で大津へ入ります!

なんと5時間の長距離移動です。

キャスト・スタッフ、気力・体力振り絞りがんばっております。

応援どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 二兎社 at 00:00| Comment(1) | 日記

2016年02月06日

石川県能登公演

2/2(火)豊橋からスタートした公演も、
3か所目の能登となりました。
東京を発ってまだ5日目だというのに
随分旅をしている感覚になっています。
日々の情報量が多いからでしょうか。

本日は、制作助手Fが担当させていただきます!

まずはスタートの豊橋。
二兎社で毎年お世話になっている劇場です。
劇場の方も、お客様もアットホームなのです。
慣れている感じが、私たちの安心にもつながり、
この地からスタートできて良かったです!
完売御礼、ありがとうございました!

大垣公演も完売御礼!
なんと発売1カ月で完売という
劇場として初めての記録だったそうで、盛り上がりましたよ!
地元の高校生・演劇部の顧問の先生が
戯曲を買っていった姿がとても印象的でした。
高校生のおこづかいでは、ね。悩みますよね。
でも、お買い上げありがとうございました!

そして石川県能登。
雪が危ぶまれた土地ですが、
予報を覆し、雪景色を見ることなく進んでおります。
私たちの移動、そしてお客様の移動に支障がなく助かりました!
このカンパニー、ツキがありますよっ!

後ろに小山を従えた、自然豊かな能登演劇堂。

能登1.jpg

ワンスロープの客席は約650席。
ここは奇跡の劇場でして、
なんと過去に50ステージのロングラン公演を
ほぼ満席で行ったことがあるのです!

能登客席.jpg

そんな演劇好きが集まるこの劇場。
もちろん「書く女」3ステージも満員御礼です。
幸せな事です。

ロビーでは開場時、地元の食材なども販売されています。

能登土産.jpg

その一部。ぷりっぷりの牡蠣祭り! しかも安くて美味しい!!
またぜひ訪れたい劇場の一つです。

ここが終われば雪国山形!
地元の美味しいものをいただきつつ、
最上の公演をお届いたします!
posted by 二兎社 at 00:00| Comment(0) | 日記